<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

★☆★2019.02.16★☆★

大村湾で休憩

旅の思い出。
島原から平戸へ…。

かなり無謀な旅だったのかな〜と思い始めた中、ちょっとトイレタイムで、

大村湾PAへ。

ホテルに予定時間に間に合わない旨を連絡したので、ホッとした中

こーんなステキな場所発見。

一人ですけど何か(笑)?

でもキレイな光景です。

トニセンの「光射す場所へ」…アタマの中を廻る。

ホテルに連絡したら、ホッとしちゃったのか、お腹空いちゃって…

香福亭の焼かまを購入。

プリプリのもちもち。

とても美味しかった〜。

さて、平戸へGO!!




★☆★2019.02.04★☆★

平戸城

目的の2つ目。
平戸城です。
こちらは改修中でしたが、
今年のうちに行かないと数年見られないというので、
たまたまでしたが、ラッキーでした。


天守は復元ですが、
なかなか豪快な城です。



平戸城から見る見奏櫓からの日本海…素敵でした。



本丸へ行く本丸門。
櫓門ですが、かなり大きい門で、しっかりしてます。



天守の下には、亀岡神社がありました。
本丸の跡地だそうです。
代々の城主が祀られているようです。



その手水舎の隣にニャンちゃん(笑)。
声をかけるとニャンと答えてくれて、触らせてくれた。

とても可愛かった〜。




★☆★2019.02.02★☆★

島原へ


長崎に来てます。
目的は、100名城のスタンプGET。
きのうは、島原市へ。





復元天守ではあるものの、この景色を城主は見てたのでしょうか?
治めてる〜という気分になるね。






★☆★2019.01.15★☆★

今年の初詣

下関からの帰り…同じバス乗り場から「鹿島神宮」行きが出ている事に気づき、

いっちょやってみようかと。

港南台から羽田空港に出て…

鹿島神宮行きのバスに乗って行ってみた。

ほぼ乗り換えナシで鹿島神宮に行けるっていいよね〜。

いい天気でよかった〜。

さすが人気の神社。常陸国一宮だけにパワースポット。

露店も多かったし、人も多い。

「鹿島神宮」「筥崎宮」「阿蘇神社」…日本三代楼門のひとつ。

(そういえば、阿蘇は地震で倒壊しちゃったな…)

しっかりした楼門でした。

奥宮。

とても御光が入った感じに撮れた。

(ものすごい人の列だった〜)

要石。

地震を押さえてくれる石だそうで、ここは絶対にお参りに来いと。

人がひっきりなしに来るので、居なくなるまで待つ事数十分(笑)。

凹の石(凸の要石は香取神宮にあるそうだ…)。

また奥宮まで戻って山を下ると御手洗池。

ものすごく澄んでいて、キレイ。

ここで毎年禊をやるそうです。

寒そう〜。

池の鯉もキレイに見えて素晴らしい。

奥参道…とても空気がよく、

澄んだ感じもとてもいい。

お時間あれば一度は来てもいいかもです。

来年はさて、どこに行こうかな〜(バス旅…なかなか面白いかも)




★☆★2018.12.18★☆★

今年最後の旅…かな(笑)

今年の春に見た「国分太一のおさんぽジャパン」という番組で、

ずーっと食べたいと思っていたものを食べに…下関へ週末に行ってきた。

…なんだけど、ちょうどいい飛行機がなかったので、福岡に(笑)。

ここからレンタカーを借りて下関に入る事にしたのだ。

ちょこちょことPAやSAに止まり、

めはりPAでは、関門橋がこんな感じで見られたのは感動。

ここから渡って山口に入るのだ。

ホテルは関門海峡が目の前に見える、ホテルグランド下関。

なぜこのホテルにしたのかというと目的の居酒屋に一番近いホテルだからという理由だったが、

ここいい場所だー。

正面は門司。北九州である。

こんなに近いところにあるのね〜。

目の前が連絡船ののりばで5分で門司に行けるし、巌流島にも超近い。

これは楽しい〜(目的は食べ物なので乗ってませんけどwww)

朝は、大きい船の間に黒い旗を掲げた漁をする船でしょうかね〜。

たくさん見られます。

こんなまったりとした時間を過ごせるなんて…幸せ。

ちなみに…。

ホテルの鍵。。。。

ふぐでした(笑)。

ホント、楽しい旅でした。

食べたかったものは、後日。




★☆★2018.03.10★☆★

宇和島城…



ちょっとナメてました。
天守閣まですぐ着くと思ってた。



まだまだ



まだ



…。


やっと見えた、天守閣。



ここを越えたら…



きたー!



いやぁ〜やっと着いた。
現存の天守閣。
久々の現存天守にちょっと興奮。


ここから何を見たのだろう?

当時の人達と同じ視線を感じてるかな



前の頁 | この頁の先頭へ | 次の頁

★自己紹介★

★最近の小噺★

★小噺項目★

★検索★

★小噺仲間★

ブログパーツUL5
★お代官専用★
★携帯・スマホはこちらから★
qrcode
みんなのブログポータル JUGEM